平成の牛若丸

<原口総務相>各省の会見内容 行政評価の対象に(毎日新聞)

 原口一博総務相は9日の閣議後会見で、各府省で開かれている記者会見について「誰がどのように会見をしているのか、調査を検討させてみたい」と述べ、行政評価の対象とする意向を明らかにした。

 原口氏は「すべての公的機関が説明責任をしっかり果たすことは(行政評価の)大変大きな観点」と指摘し、「自民党政権が続いた中で当たり前とされたこともゼロから見直したい」と述べた。記者クラブ加盟社以外のメディアにも会見をオープンにしていくことが望ましい、との考えを示唆したとみられる。

 総務相の記者会見は、1月から総務省記者クラブ加盟社以外の一部メディアも参加を可能としている。【石川貴教】

【関連ニュース】
総務省:58事業に改善勧告…雇用保険料の08年度運用分
消防職員:団結権のあり方を協議の検討会を設置 総務省
名古屋市:住基ネット離脱へ 河村市長、総務相に伝達
総務省:「平成の大合併」は打ち切り 法案提出へ
衆院選:有権者数を訂正 総務省

3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張−大阪地裁(時事通信)
足利再審 「無罪の言い渡しがされるべきことは明らか」論告全文(産経新聞)
アッバス議長が広島訪問、原爆慰霊碑に献花(読売新聞)
鳥取不審死、運転手水死も強盗殺人容疑で立件へ(読売新聞)
<山本病院>男性の容体急変時に理事長が外出、飲酒(毎日新聞)
[PR]
by k7aoqhrbfv | 2010-02-16 05:54
<< ノーベル平和賞 マータイさん、... 留置場で花札、黙認した警部補ら... >>