平成の牛若丸

留置場で花札、黙認した警部補ら3人を処分(読売新聞)

 新潟県警は12日、留置場で容疑者らが花札で遊んでいるのを黙認したとして、新潟東署留置管理課係長の男性警部補(57)と、同課主任(当時)の男性巡査部長(30)を戒告の懲戒処分とした。

 上司だった同課長(当時)の男性警部(53)も監督責任を問い本部長訓戒とした。

 発表によると、警部補と巡査部長は昨年2月上旬〜3月26日、それぞれ別々に2〜3回、同署の留置場で、容疑者の男ら3人が花札で遊んでいたのを確認したのに注意せず、上司にも報告しなかった。2人は、「物音を立てずにおとなしく遊んでいたので見過ごしてしまった。申し訳ない」と話しているという。

 男3人は同じ部屋に留置されており、うち1人が手紙用の便せんの厚紙を素手で切り、フェルトペンで絵や数字を描いて花札を自作。夕飯から就寝までの午後8時前後に約1時間、10回程度遊んだという。同月26日に別の男性警部が留置場を巡視中、花札で遊んでいる男らを発見し、県警が内部調査を進めていた。

 留置場では、花札遊びなどの勝負事は「風紀を害する行為」として、刑事施設受刑者処遇法に基づく細則で禁じられている。警察官は発見した場合、上司への報告が義務づけられている。

保護の少女、警察にSOS10回…宮城3人殺傷(読売新聞)
動物愛護団体の募金返還訴訟で原告敗訴(産経新聞)
消防法改正で好況 大阪国税局、警報器設置業者を脱税で告発(産経新聞)
<火災>犬小屋全焼、70匹が焼死 奈良(毎日新聞)
お歳暮に拳銃構えた写真、弁護士が嫌がらせ(読売新聞)
[PR]
by k7aoqhrbfv | 2010-02-15 02:39
<< <原口総務相>各省の会見内容 ... 「小沢氏がしっかり説明」=首相... >>