平成の牛若丸

4年連続で全施設「充実段階A」−厚労省の救命救急センター評価(医療介護CBニュース)

 厚生労働省はこのほど、2008年度末までに運営を開始した全国214か所の救命救急センターを対象とした09年度の評価結果(充実段階)を公表した。08年度の診療体制や患者受け入れ実績などに関する報告結果を基に、充実度の高い方から「A-C」の3段階にランク付けした結果、すべての施設が充実段階「A」だった。全施設が「A」となったのは06年度以降、4年連続。

 救命救急センターの充実度の評価は、1999年度から同センター全体のレベルアップを図るために実施。「空床確保数」「救急専用電話の有無」などの項目ごとに点数が決められており、その合計点数で評価する。充実段階「A」は19点以上、「B」は12点以上18点以下で、11点以下は「C」としている。

 なお厚労省では、同センターのさらなる機能強化や質の向上への取り組みを促すため、09年度の実績に対して実施する10年度の評価から新たな評価方法を取り入れる予定だ。診療の体制面を中心に評価する従来の項目を見直し、消防機関や都道府県による評価項目なども導入する。


【関連記事】
国の救命センター評価項目を厳格化へ
【中医協】「入院時医学管理加算」名称変更へ、要件緩和は検討継続
【中医協】「救命救急入院料」の要件緩和を−基本小委初のヒアリング実施
患者受け入れ調整で「地域救急センター」設置へ―東京都
病院との連携と質の担保がカギに−救急相談センター

接種後死亡症例で初の「関連あり」報告―新型ワクチンで厚労省(医療介護CBニュース)
【施政方針演説】全文(3)人のいのちを守るために「いのちを守る予算…」(産経新聞)
新幹線トラブル、原因はボルトの締め忘れ(読売新聞)
<公選法違反>武山百合子元議員に有罪判決…さいたま地裁(毎日新聞)
鳥取不審死 殺人容疑 逮捕状請求へ 36歳女、週内にも(産経新聞)
[PR]
by k7aoqhrbfv | 2010-02-04 07:30
<< <群馬ヘリ事故>意思疎通不足な... <タンク爆発>工場長らを書類送... >>