平成の牛若丸

群馬の民家火災 6歳園児不明に言葉失う(産経新聞)

 焼け落ちた民家から見つかったのは、幼い子供を含む3人の遺体だった。9日未明、群馬県桐生市の自営業、瀬谷光司さん(59)方の民家が全焼した火災。たまたま瀬谷さん方に遊びに来ていて、行方不明になった孫の高田朱莉ちゃん(6)は前日の幼稚園で、冬休みの家族との思い出を絵に描き始めたところだったという。「冬休みの思い出、続きはまた書こうね」。その「続き」には、祖父母宅の思い出を描くはずだった。その矢先の火事…。親族らは言葉を失った。

 近くの住民が瀬谷さん方から火が出ているのを見つけたのは9日午前2時半ごろ。民家の中央部分からあがっていた火柱は5〜6メートルほどに達するなど、目撃した瀬谷さんの兄、角司さん(61)は「もう手がつけられない状態だった。石油ストーブもたばこを吸う人もいないのに、何でこうなるの」と振り返る。

 地元の消防が懸命の消火活動を行ったが、冷たい夜風の影響もあり、鎮火までには約1時間を要した。そして…。焼け跡から3人の遺体が発見された。

 県警は、玄関付近から見つかった女性の遺体を瀬谷さんの妻、美和子さん(60)と確認。残る2遺体は炭化が激しく、その場での確認はできなかったが、行方不明になっている瀬谷さんと朱莉ちゃんとみられるという。

 朱莉ちゃんは近くで両親と妹の4人で暮らしていたが、週末ともなると祖父母宅に泊まりに来て、2人に甘えていたという。祖父母も日々成長していく孫の姿を目を細めて楽しみにしていた。

 瀬谷さんの別の兄、精吉さん(63)は「本当におじいちゃん、おばあちゃん子だったんですよ。時間があるときは、いつも遊びに来てね…」と言葉を詰まらせる。

 今春から小学校にあがるはずだった朱莉ちゃん。幼稚園最後の「冬休みの思い出」に、妹とクリスマスツリーを囲む様子を絵に描いていた。幼稚園の担任、福島幸枝さん(38)が「何を描いているの」と朱利ちゃんに尋ねると、「家族の絵。続きは(来週の)火曜日に描くの」と元気に応えていたという。

 だが…。絵の「続き」は完成されないまま…。福島さんは「『今度、お母さんがランドセルを買ってくれるの』と喜んでいた。ランドセルを背負わせてやることができれば…」と肩をふるわせた。

【関連記事】
夫婦と6歳孫か 民家全焼で3人死亡 群馬・桐生
「新年早々ひどい」母娘は前日ディズニーランドに… 大田区の3人死亡火災
横浜でビル火災、2人死亡 たばこの不始末か
ひとり暮らしの男性焼死か 山梨で民家火災
民家火災で男性1人死亡 身元の確認急ぐ 兵庫・西脇

最近の漁師事情
けんじのブログ
tgqrui8gejの日記ブログ管理ツール
さだおのブログ
みつあきのブログ
[PR]
by k7aoqhrbfv | 2010-01-14 20:12
<< 首相補佐官 10人に倍増…民間... 上野の路上でタンク落下 液体浴... >>