平成の牛若丸

<天気>日本海側中心に大雪の恐れ(毎日新聞)

 発達中の低気圧の影響で日本海側を中心に大雪になる恐れが高まっているとして、気象庁は6日、大雪と高波に関する気象情報を発表した。

 気象庁によると、発達中の低気圧が北海道の南海上にあり、冬型の気圧配置が強まっている。7日にかけて、北海道や中国−東北の日本海側などで荒れた天気になるという。

 7日午前6時までの24時間降雪量は多い所で、北海道のオホーツク海側80センチ▽北海道太平洋側、東北日本海側、北陸50センチ▽長野県、群馬県、岐阜県、近畿北部、中国山陰40センチの見込み。また北日本では、波の高さが6〜7メートルの大しけになるという。【山本将克】

【関連ニュース】
火災:民家から出火、GSに延焼 住民に避難勧告 千葉
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
道路標識:突然倒れ自転車の女性直撃、軽傷 東大阪市で
阪神大震災:288のモニュメントを地図に CDで紹介
家賃保証サービス:外国人向けに実施 NPOが団体設立

f6p35crjのブログ
不知火
クレジットカードのショッピング枠を現金化
現金化
ライブチャット
[PR]
by k7aoqhrbfv | 2010-01-13 16:01
<< 上野の路上でタンク落下 液体浴... 岡田外相がハワイに出発 日米外... >>