平成の牛若丸

小沢氏に任意聴取要請=陸山会の土地取引問題−東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる問題で、東京地検特捜部が6日までに、小沢氏に任意の事情聴取を求めたことが、関係者の話で分かった。同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)が特捜部に対し、「土地の購入資金を小沢氏から借り受けた」と供述していることなどから、直接説明を求める必要があると判断した。
 要請を受け、今後、小沢氏が聴取に応じるかどうかが焦点となる。
 関係者によると、陸山会は2004年10月29日、約3億4千万円で東京都世田谷区の土地を購入。直前には、関連政治団体を経由するなどして同会の口座に約4億円が入金されたが、政治資金収支報告書に収入として記載されていなかった。
 石川議員は特捜部の聴取に、「自分の記載ミスだった」などと供述し、不記載について小沢氏からの指示を受けたことを否定した。一方、入金された約4億円については、「小沢氏の手持ちの個人資金から貸し付けを受けた」と説明したとされる。
 また、石川議員の後任だった元私設秘書は特捜部の聴取に、「07年春ごろ、4億円の現金を小沢氏の自宅に運んだ」と供述。特捜部は陸山会に貸し付けられた資金の返済だったとみているが、この支出も同会の収支報告書に記載がない。
 このため特捜部は、一連の資金の流れへのかかわりや、貸し付けられた現金がつくられた経緯などについて、小沢氏本人の説明を受けることが不可欠と判断したとみられる。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

サンクチュアリ
まつぼっくり
2ショットチャット
即日現金化
自己破産
[PR]
by k7aoqhrbfv | 2010-01-09 10:28
<< 【「あの日の絵」】明親小5年1... <共産党>旗開き 「参院選で躍... >>