平成の牛若丸

児童虐待 過去最多 21年、子供が申告も(産経新聞)

 全国の法務局が平成21年に救済手続きを始めた人権侵害のうち、児童虐待は前年比15・6%増の725件、インターネット上の嫌がらせの書き込みは52・6%増の786件で、いずれも過去最多となったことが26日、分かった。

 法務省人権擁護局は、虐待について「児童からの申告が増え、潜在化していたものが浮かび上がってきたのではないか」とみている。

 人権擁護局によると、人権侵害の総数はここ数年は横ばいで、前年比0・9%減の2万1218件。暴行・虐待が5099件と最も多く、うち家族による児童虐待は4年連続で増えた。

 法務局が全国の小中学校を通じて配った「子どもの人権SOSレター」を使い、叔父からの性的虐待を申告、児童相談所に保護されたケースもあった。

 プライバシーを暴露するようなネット上の嫌がらせも毎年増加。法務局は81件でプロバイダー(接続業者)らに削除を求めた。

首相動静(3月19日)(時事通信)
火災 興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市(毎日新聞)
<黒澤明財団>伊万里市が支援確約書 設立時、佐賀県に提出(毎日新聞)
遺体を取り違え 都監察医が解剖 警視庁誤搬送(産経新聞)
内部文書記録のUSB、空自小松基地で紛失(読売新聞)
[PR]
by k7aoqhrbfv | 2010-03-26 17:08
<< 新型インフル向けワクチン234... <鳩山首相>COP15「成功に... >>