平成の牛若丸

<妊娠糖尿病>診断基準を厳格化(毎日新聞)

 日本糖尿病・妊娠学会、日本糖尿病学会などは、妊娠をきっかけに発症する妊娠糖尿病の診断基準を厳格化する方針を決めた。世界糖尿病妊娠学会が世界約2万3000人の妊婦を対象にした調査を基に取りまとめた診断基準を採用、より軽い高血糖の人にも治療を促すことにした。

 妊娠糖尿病は従来、妊娠前に発症した糖尿病も含んでいたが、同学会などは「妊娠中に初めて発見または発症した軽い高血糖とし、明らかな糖尿病は含めない」と変更し、一般的な糖尿病と区別した。

 そのうえで、空腹時血糖値(1デシリットルあたり92ミリグラム以上)、75グラムブドウ糖負荷試験の1時間後の血糖値(同180ミリグラム以上)、2時間後の血糖値(同153ミリグラム以上)の三つの検査値のうち、1項目でも該当した場合、「妊娠糖尿病」と診断することにした。従来の診断基準は2項目に該当することが必要だった。【永山悦子】

【関連ニュース】
糖尿病:働き盛り調査…治療と仕事両立探る 5千社対象
社説:メタボ健診 科学根拠に制度見直せ
糖尿病講座:(20)運動療法の進め方
糖尿病講座:(21)経口血糖降下薬治療
国内の糖尿病患者

基礎から臨床への「橋渡し研究」強化を―文科省作業部会(医療介護CBニュース)
1票の格差、違憲状態=衆院定数訴訟で4例目−福岡高裁支部(時事通信)
衆参両院の4月補選なし(産経新聞)
裁判員判決を修正=量刑理由の一部分−裁判官、後日作成の書面で・岡山(時事通信)
捜査1課長を更迭=「私的な不適切行為」−警視庁(時事通信)
[PR]
by k7aoqhrbfv | 2010-03-18 15:39
<< イチから分かる!「不正資金提供... <鳩山首相>ミス日本の女性7人... >>